Blog

2019年12月13日

コーチングのヒント① ~コーチングの大事な心構え~

部下と1on1をするときに、ついつい自分ばかりが話過ぎることはないでしょうか?
今回は、コーチングのヒント①「コーチングの大事な心構え」をお伝えします。

コーチングの大事な心構え・・・そのポイントは「聴くことに徹する。」です。

「きく」という漢字には、種類があります。
ただ単に「きく」場合は一般に「聞く」を使い、
注意深く(身を入れて)、あるいは進んで耳を傾ける場合には「聴く」を使います。

 

コーチングをするときに相応しい漢字はもちろん「聴く」ですね。
・気の利いたアドバイスをしてやろう
・こいつは全然わかってないな。
・この後の会議どうしようかなぁ

このような気持ちで1on1をするのではなく、
部下の話を“100%聴く”という心構えがコーチングには必要です。

部下の話を”100%聴く”とは・・・
・部下の言葉に集中する。
・他のこと以外は一切しない。
・聴く以外のことを一切しない。

皆様は部下の話を”100%聴く”ことができているでしょうか?

今、目の前の”部下の言葉”に意識を向けて聴いてみましょう。

 

 

“1on1 ミーティング”の「質」を把握できる 1on1 supportシステムのご利用をご検討ください。

リンク:1on1 supportシステムの紹介ページ