Blog

2020年1月6日

コーチングのヒント② ~部下と深いレベルで話をする~

「部下の話を聴いてはいるが、どうも話が浅いな」「深いレベルで話ができていない」
こんな風に感じることはないでしょうか?

今回は、コーチングのヒント② 「部下と深いレベルで話をする」をお伝えします。

部下と深いレベルで話をする・・・そのポイントは「事実だけではなく、意見/感情についても聴く」です。

皆様は1on1でどんな問いかけをしているでしょうか?
問いかけ次第で、部下との対話が深いものにもなれば、浅いものにもなります。

1on1においては、基本的には以下のいずれかでコミュニケーションをしていると思います。
(1)事実についてのコミュニケーション
(2)意見・考えについてのコミュニケーション
(3)感情・思いについてのコミュニケーション

ありがちなのが、(1)単なる事実確認の場になってしまっている。事実確認のみでは、まるで事情聴取のような場になりかねません。
1on1においては、(2)部下がどう考えているのか、(3)部下はどんな感情を抱いているのか、「事実だけではなく、意見/感情について聴く」ことで、部下のより深い意見や感情を引き出し、部下と深いレベルで話をすることが可能になります。

 

“1on1 ミーティング”の「質」を把握できる 1on1 supportシステムのご利用をご検討ください。

リンク:1on1 supportシステムの紹介ページ