Blog

2020年1月23日

コーチングのヒント④ ~より深く気付きのある対話を行う~

今回は、コーチングのヒント④「より深く気付きのある対話を行う」をお伝えします。

より深く気付きのある対話を行う・・・そのポイントは「質問マトリクスで深く気づきのある対話を行う」です。

既に掲載されている「コーチングのヒント②」、「コーチングのヒント③」を組み合わせることで、より深い対話を行うことが可能になります。

“質問マトリクス”とは、縦軸に事実/意見・感情・思い、横軸に現状/理想・目標のマトリクスです。


1 「現状」×「事実」の話
上司 : 今月の売り上げはどうなっているの?

2 「現状」×「意見・感情・思い」の話
部下 : 現状の売り上げは100万円です。
上司 : なるほど、それについてはどう思っているの?

3 「理想・目標」×「事実」の話
部下 : 現状の売り上げは100万円です。
上司 : 今月の目標はいくらだっけ?
部下 : 今月は200万円が目標です。
→現状と理想のギャップに部下は改めて課題に気づくこともあるでしょう。

4 「理想・目標」×「意見・感情・思い」の話
その目標に到達するためにどう考え、どう感じているのか?を問います。
上司 : じゃ、目標の売り上げに到達するためにどうしようか?どんなアイディアがある?

このように”質問マトリクス”の1から2、3、4の象限の質問をすることで、より深く気付きのある対話を行うことが可能となります。
今回は売り上げを題材に話をしましたが、それ以外のトピックでももちろん応用可能です。

皆様も質問マトリクスを頭の中に描きながら部下の方とより良い1on1ミーティングを実施してみてください。

“1on1 ミーティング”の「質」を把握できる 1on1 supportシステムのご利用をご検討ください。

リンク:1on1 supportシステムの紹介ページ