Blog

2020年2月6日

ティーチングのヒント① ~部下への指導の仕方~

一生懸命に部下に指導するが、なかなか部下が動いてくれない。分かってくれない。こんな経験はございませんでしょうか?

今回は、ティーチングのヒント①「部下への指導の仕方」をお伝えします。

部下への指導の仕方・・・そのポイントは「手段だけではなく、目的を伝える」です。


手段は伝えているが、目的は伝えていない場合(1の領域)、部下は、手段に固執し、自分で考えなくおそれがあります。
特に部下の経験が乏しい場合は、手段だけではなく、目的も伝える(3の領域)で改めてティーチングしてみてはいかがでしょうか。

あるいは、部下が熟練してきた場合は、手段については言う必要はないかもしれません。
目的は伝えるが、あえて手段は伝えない。
4の領域でティーチングを進めていくのも1つだと思います。

改めて、1on1においてご自身のティーチングが、うまく機能しているか、こちらのマトリクスでチェックしてみるのもいいのではないでしょうか。

“1on1 ミーティング”の「質」を把握できる 1on1 supportシステムのご利用をご検討ください。

リンク:1on1 supportシステムの紹介ページ