Blog

2020年3月19日

ティーチングのヒント④ ~部下が伝えた内容を覚えていない・・・!?~

一度部下に伝えたことをまた部下が聞き返す。
言ったハズのことができていない。
こんな経験はございませんか?

今回は、ティーチングのヒント④「部下へ大事なことの伝え方」をお伝えします。

部下へ大事なことの伝え方・・・そのポイントは「大事なことは繰り返し伝える」です。

記憶の保持率(エビングハウスの忘却曲線)は次の通りと言われています。

・1時間後・・・44%
→聞いたそばから忘れていき、1時間後には半分も覚えていない。

・1日後・・・27%
→約70%は忘れてしまう。つまり、上司として丁寧に教えたとしても、そもそも人間は「忘れてしまう生き物」なのです。

人間の記憶には、長期記憶と短期記憶があります。
一度だけ聞いたものは短期記憶の中に留まり、すぐに忘れてしまうそうです。
しかし、繰り返し聞いたことは徐々に長期記憶の中に格納されます。

人間は忘れる生き物。長期記憶の中に格納させるために「大事なことは繰り返し伝える」
こんな心がけで是非取り組んでみてください。

“1on1 ミーティング”の「質」を把握できる 1on1 supportシステムのご利用をご検討ください。

リンク:1on1 supportシステムの紹介ページ