Blog

2020年6月3日

現在の仕事/プロジェクト① ~短い時間で的を得たアドバイスを送るには!?~

現在の仕事やプロジェクトについて部下からアドバイスを求められることも多くあるのではないでしょうか。
何となく思いついたことを思いついたまま話すということをやりがちですが、聞いた側の部下も頭に残らないまま・・・ということも。
短い時間で効果的なティーチングを行わなければならないとき、どのようにしたらよいのでしょうか?

今回は、現在の仕事/プロジェクトのヒント ①「PREP法」をお伝えします。
PREP法とは、POINT、REASON、EXAMPLE、POINTの頭文字を示します。

① 結論・ポイント
簡潔に、ポイントや結論を伝える。

②理由
その理由、なぜそうすべきなのか、どのような背景があってそうした方がいいのか、を伝える。

③具体例
例えば、このような場合は、こうするといいですよ。私の場合は、このようにやっていますよ。こうやると上手くいきますよ。など具体例を出します。

④再度、結論
そして、もう一度大事なポイントや結論を確認して終えます。

何かティーチングの場面でアドバイスを求められた場合には、このPREP法の流れに沿って、アドバイスをしてみるといいのではないでしょうか。
是非活用してみてください。

“1on1 ミーティング”の「質」を把握できる 1on1 supportシステムのご利用をご検討ください。

リンク:1on1 supportシステムの紹介ページ