① プレゼンテーション研修

何を、誰に、どう伝え、どう行動して欲しいのか。 “人の行動”を変えるためのプレゼンテーションとは?
様々な場面で必要となるプレゼン力を強化するための人材育成プログラムです。

プレゼンテーション研修

対象:全職種

期間:1日~2日

伝える力、プレゼン力のある人材を育成したい

プレゼンテーション研修のゴール

プレゼンのBefore / Afterを意識する

プレゼンテーションは、聴講者の“ Take Action(行動を促すため) ”にあります。
聴講者の行動を促すために、プレゼンをする前(before)と後(after)を意識し、そのギャップを認識します。

プレゼンテーションの構成を考える

ギャップを認識した上で、「ゴールに向かったシナリオの設計」、そして「そのシナリオに沿ったスライドの構成」をするための知識・スキルを習得します。

プレゼンテーションをする

同じプレゼンの内容でも人によって伝わり方は様々です。
ここでは、より人に伝わるプレゼンの仕方(デリバリースキル)の知識・スキルを習得します。

プレゼンテーション研修の概要

研修の内容

聴講者の“ Take Action(行動を促す) ”のために、現状とゴールを意識し、そのギャップを認識します。

ゴールに向かったシナリオの設計、そのシナリオに沿ったプレゼン資料を構成するための知識・スキルを習得します。

シナリオ設計をする上で重要な3つの観点について学び、シナリオを設計するために必要な知識・スキルを習得します。

より人に伝わるプレゼンの仕方(デリバリースキル)の知識・スキルを習得します。

研修の進め方

研修は、理解度と定着度の観点から実際の受講生のプレゼンを録画し、体験を通じて学習します。

スキルの定着化

研修で習得したスキルや仕組みを定着させるために、御社に訪問し、受講生からヒアリングを実施して、課題の認識や課題に対する解決策を提案することで研修内容の定着化を図ります。