マーケティング戦略を考える上での
原則的な考え方を講義と演習を通して学びます。

対象者・課題

対象者
若手・新入社員
中堅社員
課 題
  • 社員のマーケティングスキル向上

研修の特徴・ポイント

1

戦う戦場はどこか?

自社のポジショニングを理解し、正しい競合、優位性を理解する

2

何が強みか?

自社の強みの源泉と、強みを生かせる戦場を探ります。

3

顧客は誰か?

自社の顧客を把握し、顧客が支持する強みを把握します。

4

戦場でどう戦うか?

差別化戦略を行い、自社がどう戦っていくのかを検討します。

プログラム内容

研修名
マーケティング戦略思考研修
日 程
1日
時間数
約8時間

1日目

オリエンテーション

  • 研修の概要理解、受講者の緊張緩和を行い、学習に対しての動機付けを行います。

TASCsモデル

  • ケーススタディから、マーケティング戦略を立案する際の着眼点についての気づきを得ます。

Territory 戦場/競合

  • 戦場と競合について考え方を学習します。東京ディズニーリゾートやマクドナルドの競合を考えることを通して、本当の意味での戦場と競合を理解します。
  • ケーススタディにおける戦場と競合を分析します。

Asset/Selling point 独自資産/強み

  • 独自資産と強みについて考え方を学習します。東京ディズニーリゾートやマクドナルドの競合を考えることを通して、本当の意味での戦場と競合を理解します。
  • ケーススタディにおける戦場と競合を分析します。

Customer 顧客

  • 顧客についての考え方を学びます。自分がスマートフォンの新商品を企画するとすれば、どのようなスマートフォンにするかの検討を通して、顧客設定の考えたを学びます。
  • ケーススタディにおける顧客選について分析します。

scenario シナリオ

  • シナリオについての考え方を学びます。自分がカフェを出店するとすれば、どのようなカフェにするかの検討を通して、差別化戦略について学びます。
  • ケーススタディにおけるシナリオ(差別化戦略)を分析します。

総合演習

  • 自社の担当事業についてのTASCsをグループワーク形式で分析します。
  • 講師からのフィードバックによりTASCsの理解を深めます。

まとめ/ 行動計画の策定

  • 研修の内容を振り返り、ポイントを整理します。
  • 今後の業務で学習内容をどう活かすかを計画します。

受講者の声

スキルアップ+αの効果

非常に楽しい雰囲気で研修を実施していただき、研修の目的であるスキルアップだけでなく、受講生同士の懇親・連携強化の位置付けとしても有用な研修になりました。今回、プレゼンテーション研修をご依頼しましたが、研修実施の意図や私たちの置かれている状況をよくご理解いただいた上でのカリキュラムになっていたと実感しています。

医薬品製造・販売
1000名以上

受講者満足度約95%の研修

大学を牽引する学生団体を対象に、団体の運営方法や主催する行事の段取り・コミュニケーションの取り方等について研修していただきました。
参加者への研修後のアンケートでは満足度が非常に高く(約95%)、アンケートに記載されたコメントからも学生にとって学びの多い研修が実施できていると感じており、 事務局としても非常に満足度の高い研修でした。

教育・学習支援
1万人以上

納得感が社員の力を引き出す

「研修により受講者をどのようなゴールに導くのか」という設定が明確でした。
スキルを単に付与するのではなく、スキルを活用してどのような行動ができるようになり、その結果、どのような成果につなげるのかが明確になっていると感じています。

情報・通信業
500名

本研修へのお問い合わせ

    会社名※必須
    部署
    役職
    従業員数※必須
    お名前※必須
    メールアドレス※必須
    電話番号※必須
    ご要望詳細※必須


    同じ対象者向けの研修

    トップへ戻る