知的財産権の基礎から

「事業企画」×「知財活用」領域による

IPランドスケープまで事業を強化する知財スキルを獲得する。

対象者・課題

対象者
全ての方が対象
課 題
  • 事業企画と知的財産権がリンクしていない。
  • 事業企画スキル、知財スキルが足りていない。

研修の特徴・ポイント

1

知的財産を分かりやすく

製造業の研究開発、技術職の若手〜中堅層に向けて知的財産の基礎的概念を分かりやすく解説。

2

知的財産を実務に生かす

演習問題を交えながら、実際に貴社で知的財産を活用する方法について理解します。

3

事業企画と知的財産をリンクさせる

事業企画スキルを獲得し、事業企画と知財戦略と技術戦略とがリンクしたIPランドスケープを理解します。

プログラム内容

研修名
知的財産力強化研修
おすすめ
日 程
2日
時間数
約16時間

1日目

オリエンテーション

  • 研修の概要理解、受講者の緊張緩和を行い、学習に対しての動機付けを行います。

知的財産権

  • 産業財産権法(特・実・意・商)、不正競争防止法、著作権法の基礎

特許法の法目的

  • 新規発明公開の代償に特許権を付与することにより、累積的進歩による産業の発展が達成されることの理解

利用関係

  • 知的財産ゲームを用いて、出願公開、先願主義、そして知財戦略を立案する上で最も重要な「利用関係(特72条)」について理解する

新規性

  • 発明発掘にも重要な実務で新規性を活かす考え方を習得する

進歩性

  • 審査基準の項目に沿って進歩性の要点を理解する

明細書の記載要件

  • サポート要件、実施可能要件について理解する

1日目の振り返り

  • 学習ポイントと気づき、次回までのアクションを設定し、学びを行動に繋げます。

2日目

事業戦略

  • 事業戦略と知的財産との関係 PEST分析→3C分析(知財との関連)→SWOT分析(知財との関連)について学びます。
  • 「両利きの経営」をベースに新規事業領域と既存領域との差について学びます。
  • 新規事業領域の事業企画について「ランチェスター理論」「ブルーオーシャン戦略」と知的財産戦略の関係性について学びます

知的財産戦略

  • パテントマップと事業企画とをリンクさせたIPランドスケープについて学びます。

技術開発戦略

  • IPランドスケープをリンクさせた技術開発戦略を学びます。

2日目の振り返り

  • 学習ポイントと気づき、次回までのアクションを設定し、学びを行動に繋げます。

受講者の声

受講者満足度約95%の研修

非常に楽しい雰囲気で研修を実施していただき、研修の目的であるスキルアップだけでなく、受講生同士の懇親・連携強化の位置付けとしても有用な研修になりました。

今回、プレゼンテーション研修をご依頼しましたが、研修実施の意図や私たちの置かれている状況をよくご理解いただいた上でのカリキュラムになっていたと実感しています。

医薬品製造・販売
1000名以上

スキルアップ+αの効果

大学を牽引する学生団体を対象に、団体の運営方法や主催する行事の段取り・コミュニケーションの取り方等について研修していただきました。

参加者への研修後のアンケートでは満足度が非常に高く(約95%)、アンケートに記載されたコメントからも学生にとって学びの多い研修が実施できていると感じており、 事務局としても非常に満足度の高い研修でした。

教育・学習支援
1万人以上

納得感が社員の力を引き出す

「研修により受講者をどのようなゴールに導くのか」という設定が明確でした。

スキルを単に付与するのではなく、スキルを活用してどのような行動ができるようになり、その結果、どのような成果につなげるのかが明確になっていると感じています。

情報・通信業
500名

本研修へのお問い合わせ

    会社名※必須
    部署
    役職
    従業員数※必須
    お名前※必須
    メールアドレス※必須
    電話番号※必須
    ご要望詳細※必須


    同じ対象者向けの研修

    トップへ戻る